睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群は眠っている間に呼吸が止まってしまう病気です。
寝ている間の無呼吸はなかなか気付くことができません。

この病気が深刻なのは、寝ている間に生じる無呼吸が、
起きているときの日常生活に様々な悪影響を及ぼすことです。

耳鼻科のご案内

睡眠時無呼吸症候群が自然に治る可能性は極めて低いようですので、専門の病院にご相談されることをお勧めします。

ブルーヨガでは睡眠時無呼吸症候群の患者様専用の宿泊施設を完備した、すずき耳鼻咽喉科クリニックをご紹介いたします。お気軽にご相談ください。

すずき耳鼻咽喉科いびき・睡眠時無呼吸症候群の検査




【診察室内情報解析用コンピューター】

こちらは、いびきの検査をする際に患者様にゆっくりといつも通りに睡眠をとっていただくための部屋です。
シャワー・バス・おトイレも部屋の中にあります。室内のベットに検査機を装着して寝ていただき、診療室内のPCで検査結果を取りまとめていきます。(睡眠ポリグラフ)検査を行えます。

院長・鈴木 敏幸(すずき としゆき)

ご挨拶

この度、地域のニーズをお受けして川崎井田に「すずき耳鼻咽喉科クリニック <いびきのご相談>」を開設いたしましたました。

これまでの千葉大学医学部附属病院および地域基幹病院での経験を活かし、赤ちゃんから年配の方まで何でも気軽に相談できる街のお医者さんとして、地域の皆様が健康で充実した毎日をお過ごしいただけるよう尽力してまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。
【院長 医学博士 鈴木 敏幸】

院長略歴

【医学博士 鈴木 敏幸】

平成2年3月
 
 
 
平成9年3月
平成9年4月
平成19年11月

千葉大学医学部 卒業
千葉大学医学部附属病院
横須賀共済病院
成田赤十字病院 にて研修
千葉大学大学院 修了 医学博士
八潮中央総合病院耳鼻咽喉科 いびき外来部長
すずき耳鼻咽喉科クリニック<いびきのご相談> 開院 

専門とする疾患など

・アレルギー性鼻炎に対するラジオ波治療
・漢方治療 (眠くならない鼻アレルギーの薬もあります)
・CR (コンピュータ・レントゲン)
・睡眠時無呼吸症候群の検査
・聴力検査・重心動揺計
・医療連携
・補聴器相談
・電子内視鏡・モニタリング顕微鏡システム
・スキューバダイビング相談医
・舌下免疫療法

【各詳細は<<<こちらから】

所属学会・認定医

日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医
日本耳鼻咽喉科学会認定補聴器相談医